FC2ブログ

人と自然が調和するまち 『郡上』 で奮闘する新米 “おばちゃん” 市議 ・ 田代はつ江の毎日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
あけましておめでとうございます。

長引く景気低迷で決して明るい年の幕開けとは言えない2010年が明けました。

120年前に西田幾多郎が詠んだといわれる詩の中に
「年ぐれにとしがゆくとは思うなやとしは毎日毎日ゆくなり」
とあります。

まさに実感として受け止めています。

世相がどんなに暗かろうが、一緒に落ち込んでいてはそれは愚かです。
新春を明るく寿ぎ、共に喜び勇んでスタートをきりましょう。
1日1日を確実に生ききるためにも。

どうか本年もよろしくお願いします。




◆一般質問から<要約>◆
「緑化推進運動功労者表彰」を受賞したことに対し、
市長が岐阜新聞の素描の中で
「市民みんなで10年、100年、1000年後を夢みて活動を継続していきたい」
と述べられた。
景観10年風景100年風土1000年の具現化にむけての取り組みについて

【市長の答弁】
先人達の歩み、自然との交流、といったものが
郡上ならではの風土を作っているというような、
景観、風景、風土というようなものがそれぞれ深みを増すごとに、
一朝一夕では出来ないという中で、その日その日、
一歩一歩取り組まなければ出来ないと思っている。
気持ちをみんなが合わせてそうした郡上の美しい景観、風景、風土を作っていきたいと思っている。




◆最近感動したこと◆
先日、八幡中学校のあるクラスが「35人の華が咲く温かい学級」という目標をたて、
自分や仲間を笑顔にする活動をたくさんやろう、幸福感や満足感を味わいたいと考え、
そのためには人に感謝することが大切であることをつかんだそうです。
その結果地域の皆さんから家に余っている鉢を回収し
感謝の気持ちを込めて花の苗を配ることを実施されました。

決められた日、私も自宅の玄関に配られたカードにメッセージを添え置いておきました。
お昼過ぎごろだったでしょうか、暖かい心とともに花の苗が植えられた鉢が、
「大切に育てきれいな花を咲かせて下さい」とのメッセージとともに還ってきました。
とっても心暖まる活動で中学生のみんなの心にどんな素晴しい花が咲き誇るか楽しみにしています。


◆皆さんの要望に応えていただけました◆
郡上八幡インターチエンジのバス停付近は、急勾配の100段余の階段に加え、
防犯上の問題もあり、かねてより市民のみなさんから改善策がないかとの要望をいただいています。
12月定例会におき市道の壁に12基の照明灯設置工事費用210万円の予算が承認されました。





スポンサーサイト
2010.01.19 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。