FC2ブログ

人と自然が調和するまち 『郡上』 で奮闘する新米 “おばちゃん” 市議 ・ 田代はつ江の毎日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
みなさんこんにちは!  田代はつ江です。



郡上はしとしと雨降りです。



まだまだ朝晩の気温の差が激しいので、
充分な栄養と睡眠を摂って健康に留意してくださいね。





さて、時は少々遡って桜の季節。



議員になって間もなく、
私は郡上市八幡町にある 『 愛宕公園 』 へ行ってきました。



と言うのも、以前から
『 愛宕公園はどうにかならないものか 』
との声をあちこちで聞いていたからです。



愛宕公園には、市営の大型駐車場も隣接しており、
公衆トイレも完備しています。



桜の木もたくさんあります。



娘の話によると、
ウェザーニュースという有名な気象予報サイトで
全国の桜の見頃が調べられるらしいのですが、
そこで岐阜県の桜の名所を検索すると、
あの根尾谷の淡墨桜や、恵那峡、養老公園と並んで
『 愛宕公園 』 が出てくるらしいのです。





愛宕公園2

それなのに、あまり人影がありません。。。



まだ満開前とはいえ、この日は土曜だったのですが。。。



昔はずいぶん大勢の子供がここへ遊びに来ていたようですが、
そんな子供たちの姿もほとんど見かけませんでした。



そう言えば、昔はちょっとした動物園のようにもなっていましたよね。



現在もモリアオガエルの生息地として保護されていますが、
サルやクジャク、ニワトリなどが飼育されていたように記憶しています。





愛宕公園

今は動物はおらず、多少の遊具があるだけです。



二つある池のひとつは、水の流れが悪いのか、少し嫌な臭いがしていました。





愛宕公園3

近くにいた子供さんに話しかけると、
『 この池はくさいよ~ 』 と無邪気に答えてくれました。





愛宕公園4

これは、墨染めの桜。



1600年(慶長5年)に八幡城主・遠藤慶隆がお手植えになった桜だそうで、
町の有志の方々が守ってくださっているそうです。



桜の時期、紅葉の季節はもとより、
一年を通して自然とたくさん触れ合える愛宕公園。



前述のとおり、駐車場もトイレもあります。



どうにかここに郡上市の方々や、観光客の方々を呼び戻せないものでしょうか。



財政難の今、たくさんのお金を使って大きな改修工事をしたり、
特別な施設を作ることはなかなか難しいですが、
どうにか知恵を絞って賑やかで活気のある愛宕公園を作っていけたらいいな、と思います。



なにか良いアイデアがありましたら、教えてくださいね。




スポンサーサイト
2008.05.24 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。